暁烏敏賞 平成2年第2部門梗概「地球社会を共に生きる タイでのボランティア活動を通して」

ページ番号1002647  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:暁烏敏像

第6回暁烏敏賞入選論文梗概

第2部門:【青少年の健全育成に関する論文または実践記録・提言】

  • 論文題名 「『地球社会を共に生きる』 タイでのボランティア活動を通して」
  • 氏名 秦 辰也
  • 年齢 31歳
  • 住所 タイ国バンコク市在住
  • 職業 団体職員

論文概要

わたしがタイに渡り、インドシナ難民の収容されている難民キャンプやタイの貧しい農村、あるいはバンコク首都圏に散在するスラム街でボランティア活動を始めるようになって、はや六年半の月日が流れた。始めはタイの事など全く知らなかったわたしも、とりわけこの国のスラム街における青少年育成の問題や、健全な地域社会を建設していくための実践活動に関わることにより、数多くの人と出会い、いろいろなことを学んだ。そしてこれまでのタイでの生活の中、わたしは同じように社会活動を長年バンコクのスラム街で行ってきたあるタイの女性と結婚することになり、今後もその活動を続けていくことになった。

今日、日本では「地球社会」や「国際社会」ということばがよく使われ、いろいろな形で国際交流や海外研修が行われるようになった。目前に迫った二十一世紀を担っていくべく、地球人あるいは国際人と呼ばれるような健全な青少年を育てていく上でも、喜ばしいことである。とはいえ、果たしてどれだけの人たちが、いわゆる開発途上国と呼ばれる国々の実情や、そこに住んでいる人たちのことを本当に理解しているだろうか。

先進諸国と開発途上国との間で抱えるあらゆる面での格差の問題や人権の問題、あるいは地球環境の問題が様々な国々で叫ばれている中、世界の経済大国であり援助大国に生きるわれわれ日本人は、これから何をしなければならないのか、またその日本人の一人であるわたし自身が、今後どのような行動を果たし得るのか、という問題を考えていく上で、わたしのほんのわずかなタイでのボランティア活動をもとにした実践記録を、ここに紹介させて頂きたいと思う。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化振興課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9573 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。