木滑関所跡(きなめりせきしょあと)

ページ番号1002458  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:木滑関所跡

吉野の関所は、間道が多く関所として都合が悪いことから寛文元年(1661年)に木滑に移されました。ここが加賀藩と天領の境となり、木滑口留番所と称して、侍1人、足軽5人が配置されていました。関所は、明治4年(1871年)に廃止され、大正6年(1917年)に木滑神社が置かれました。

所在地
白山市木滑新

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。