勝善寺のタブノキ(しょうぜんじのたぶのき)

ページ番号1002425  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:勝善寺のタブノキ

平野部の村落樹林の代表樹の一つであったタブノキは、現在では、そのほとんどが伐採され、今となっては民俗的にも大変貴重なものとなっています。勝善寺境内にあるタブノキは、東西に2本鳥居状に植えられており、元は白山社の鳥居の木として植えられたものと思われ、樹齢も400年と推定されています。

所在地
白山市竹松町

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。