白山堂跡(はくさんどうあと)

ページ番号1002439  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:白山堂跡

養老元年(717年)泰澄が白山への登頂口に、現在の一閑寺裏の「寺の山」付近を選び、ここで一夜祈祷修験したと伝えられています。泰澄が白山を目指す連山の尾根を、ここから仙の堂、胡麻堂、浄行堂、さらに河内板尾の宿の岩へと向かったといわれています。

所在地
白山市鶴来本町四丁目

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。