安久涛の渕(あくどのふち)

ページ番号1002435  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:安久涛の渕

急流手取川の中でも最も緩やかな淵の一つであり、『久しきにわたり波(涛)立たぬ瀞淵』の名勝としてその名が付けられました。幕末から明治にかけて、村役人の代表を務められた枝権兵衛が、農地の水不足を解消するため水が絶えることのない安久涛の渕から、硬い岩盤をくりぬいて水の取り入れ口をつくり、手取川扇状地を潤す七ヶ用水の基礎を築きました。

所在地
白山市白山町

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。