宿の岩(しゅくのいわ)

ページ番号1002448  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:宿の岩

標高約800mの尾根上に高さ約3m、幅5m程の岩が並び、岩壁に修験僧が線刻したとされる中世の経文や僧の名前が刻まれています。泰澄が宿し修業したと伝えられており宿の岩と呼ばれています。また、一つの岩の形が堂に似ているので、堂岩とも呼ばれています。付近で白山の頂上部を望むことができます。

所在地
白山市河内町板尾

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。