竹松海岸ハマナス群生地(たけまつかいがんはまなすぐんせいち)

ページ番号1002424  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:ハマナス

群生地は、倉部川河口から南西に延びるなだらかな砂丘地にあり、通称五間長山(ごけんちょうやま)と呼ばれています。日本の南限に近く、大正時代に行われた県の天然記念物調査では県内最大規模を誇っていたようです。ハマナスはバラ科に属す植物で、海辺の砂地にのみ生育・群生し、5月には薄紅色の花が盛りとなり、はなびらは五弁でバラに似た芳香を放ちます。7月頃になると、小さな赤い実を結びます。

所在地
白山市竹松町

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。