甚之助谷第二号谷止工

ページ番号1009430  更新日 2023年1月23日

印刷大きな文字で印刷

国登録有形文化財(建造物)

〔登録名〕甚之助谷第二号谷止工(じんのすけだにだいにごうたにどめこう)
〔員数〕1基
〔所有者〕石川県
〔所在地〕白山市白峰
〔構造、形式〕石造、堤長13.3m、堤高5.5m
〔年代〕大正4年(1915)
〔登録基準〕国土の歴史的景観に寄与しているもの
〔登録日〕平成24年2月23日
〔登録番号〕17-0219
〔特徴・評価〕白山砂防施設の最初期に石川県の直轄事業として施工された谷止工のひとつで、堤長13.3メートル堤高5.5メートルを測り、空積とする。標高2100メートルの高地にあって、現地で採取・加工された石を用いて精緻に積上げる。当砂防施設の初期段階を示す。

甚之助谷第二号谷止工の写真
甚之助谷第二号谷止工
甚之助谷第二号谷止工の写真
甚之助谷第二号谷止工

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。