聖興寺庫裏

ページ番号1002294  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:聖興寺庫裏

国登録有形文化財 建造物

〔所在地〕白山市西新町23-3
〔登録日〕平成23年1月26日

聖興寺客殿は、本堂東側に位置し本堂とは二本の廊下で結ばれる。大きな唐破風造の玄関を構える大式台を南正面に配し、その北奥に南北二室からなる仏間、その東北に十二畳半を二室南北に並べ、その東西に土縁などを設ける。金の壁紙、黒塗の格天井を張り、漆塗と螺鈿細工の欄間を飾るなど、華美な意匠になる接客空間が特徴である。
明治24年の火災後、最初に建築されたのが書院といわれ、これを取り込む形で大正7年(1918)、庫裏、茶室などとともに再建された。

【連絡先】
白山市西新町23-3
聖興寺 電話:076-275-0161

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。