「白山わさび」の紹介

ページ番号1005218  更新日 2022年2月8日

印刷大きな文字で印刷

ご存知ですか?「白山わさび」

写真:白山わさび

僕たち目立たないけど(収量は少ないけど)
ふるさと白山にある貴重で”美味しく”かわいい食材だよ。

白山わさび

白山ろく地域では、霊峰白山の清らかな水を利用して、わさびが栽培されています。

平成24年5月7日、白山市(白峰地域)で生産されている「白山わさび」の農場を訪ねました。

白峰でわさびを生産している白山麓わさび生産振興会・会員の風一(かぜはじめ)さんは、平成21年より耕作放棄地を活用した農業に参入。放置されていた農地をわさび田に整備し、栽培を始めました。

また、昨年は積雪量の多い冬場でも収穫できるようにと、わさびの水耕栽培施設を建設しました。
風さんは「今後は商品の安定供給を図って行きたい」との夢実現に向けて力強く話してくれました。

なお、収穫されたワサビは、市内産直施設や飲食店などの取引先のほか、市内産の酒かすや醤油、米酢を使用したわさび漬けや、ドレッシング風調味料に加工され、市内の道の駅のほか、北陸自動車道 徳光パーキングエリアなどで販売しています。

写真:わさび水耕施設

わさび水耕施設の様子です。定植から出荷まで約2年もかかります。
露地栽培しているものは、2年半から3年の月日をかけ生育するなど、栽培には熱意と根気が必要とされます。


写真:水耕施設の水温を計っている様子

わさびの生産に欠かせない水は、近くの沢からきれいな水が施設に引き込まれ、10度から15度に調整されています。


写真:生産者 風さん

わさびを生産する風さん。
これからも美しい里山を守り育てながら、美味しいわさびを生産して行きたいとのこと。

お問い合わせ先

白山麓わさび生産振興会 電話 076-259-2839

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

産業部地産地消課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9522 ファクス:076-274-4177
産業部地産地消課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。