隅谷 正峯(すみたに まさみね)

ページ番号1002804 

印刷大きな文字で印刷

写真:隅谷正峯

創造の土壌が培われている本市で、刀剣を美術品の域に高めた作家がいました。重要無形文化財保持者(人間国宝)の故隅谷正峯氏です。大正10年辰巳町に生まれた隅谷氏は、学生時代より日本刀の魅力に惹かれ、独学で鎌倉古刀である備前伝などの再現を果たしました。さらに単なる伝統の踏襲を超えた「隅谷丁子」と呼ばれる華麗な刀紋を確立し、他の刀匠の追随を許しませんでした。

白山市立博物館では、隅谷氏の豪壮かつ優美な作品を常設展示しています。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化振興課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9573 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。