小川 直子(おがわ なおこ)

ページ番号1002813  更新日 2022年2月8日

印刷大きな文字で印刷

写真:小川直子

小川直子は江戸時代の終わりごろ金沢の武士の家に生まれました。このころは「女の子に学問はいらない」という時代でしたが、勉強の好きな直子は一生懸命に文学を学んだり短歌を作ったりしました。23才の時、鶴来の小川幸三と結婚しましたが、夫の幸三は加賀藩の勤王派弾圧の犠牲となってしまいました。直子も死のうとしましたが、家族に説得され、思いとどまりました。直子は「夫の志をついで学問の道を進もう」と決心し、猛勉強をしました。30才の時には金沢女学校の教師になり、その後も石川県女子師範学校、青森県女子師範学校などの教師を務め、明治天皇の娘の御用掛(教育係)としても活躍しました。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化振興課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9573 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。