永享版 選択本願念仏集

ページ番号1009228  更新日 2022年12月22日

印刷大きな文字で印刷

白山市指定有形文化財 典籍
永享版 選択本願念仏集(えいきょうばん せんちゃくほんがんねんぶつしゅう)

〔所在地〕白山市東一番町12番地
〔所有者〕本誓寺
〔員数〕1帖
〔形状〕粘葉装
〔寸法〕縦25cm、横15.2cm
〔指定日〕平成11年3月26日

写真:選択本願念仏集

『選択本願念仏集』は、法然が浄土宗の根本聖典として著作したもので、延応版(えんおうばん)、建長版(けんちょうばん)、正中版(しょうちゅうばん)などが現在残っています。永享版(えいきょうばん)は、永享11年(1439)に上梓されたもので、本誓寺所蔵のものは国内2例目となります。
当本に付された訓点(訓読記号)は、蓮如の第23子である実悟(じつご)の手による可能性が高く、この実悟は、石川郡剣村(現白山市鶴来清沢町)清沢願得寺の住持となった経歴があり、学識が高く、真宗聖教の収集・書写に努め『実悟記』などの著書も多く残している人物です。
蓮如は宗祖親鸞と同じく法然に深く帰依しており、子供たちに法然教学を学ばせることを心がけていました。当本がそのことを実証するものとして史料的意味をもっている点においても重要です。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。