明達寺

ページ番号1002480  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:明達寺蠟扇堂

真宗大谷派の明達寺は、明治から昭和にわたり幾多の宗教書の著述や真宗思想の普及に努めた高僧暁烏敏(あけがらす はや)の生誕の寺として知られています。境内には敏が生涯師と仰いだ清沢満之(きよさわ まんし)の遺徳を偲んで、木像を安置するために法隆寺の夢殿を模して建立した臘扇堂(ろうせんどう)があるほか、有名な「十億の人に 十億の母あらむも わが母にまさる はゝありなむや」歌碑、「一期一会 秋のみそらの雲早し」句碑、敏と親交の深かった高濱虚子の「秋晴れや 盲ひたれども 明らかに」句碑、敏の弟子・野本永久の「笹鳴や 南面したる 盲詩人」句碑があります。

住所:白山市北安田町1106番地
連絡先:明達寺
電話:076-275-0118

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。