若宮八幡宮

ページ番号1002482  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:若宮八幡宮

社記によれば、康平6年(1063年)前九年の役を終えた源頼義が鎌倉八幡宮をこの地に勧請して建立したとあります。また、富樫の家臣で弓の名手・山上新保介が、鎌倉幕府の命を受け、二つの日輪を射落としたことにより、祈願していた鎌倉八幡宮を勧請し、当地に社殿を建立したとの説も伝えられています。一夜にして誕生したという広大な社叢には巨木が多く、境内社8社、神輿庫、絵馬殿、神具庫等の建造物群も、大社の面影を今日に伝えています。春季例祭中の毎年5月26日には午後2時より御田植神事が古式ゆかしく行なわれ、10月上旬の秋季例祭には、神輿渡御や獅子舞の巡行があります。

住所:白山市若宮1丁目100番地
連絡先:若宮八幡宮
電話:076-275-0513

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。