守郷白山神社

ページ番号1002478  更新日 2022年5月18日

印刷大きな文字で印刷

写真:守郷白山神社拝殿

社記によれば天暦10年(956年)の創立とされ、明治17年(1884年)に現社号に改められるまでは、白山社と称していました。神仏分離令によって明治2年(1869年)に白山長吏・三神澄遙から白山宮(現白山比咩神社)の本地堂(白山護摩堂)を買い取り、社殿として転用しています。このため、拝殿は寺院建築の影響が強い春日造となっています。また、本地堂買い取り時に「鳥頭蓋付朱漆塗瓶子(一対)」、「白山本地堂扁額(一面)」、「神鏡(一面)」、「神号額(一面)」(いずれも市指定文化財)も一緒に移譲されており、神仏分離の歴史的事実を今に伝える、貴重な資料であるといえます。

住所:白山市木津町100-1
連絡先:文化財保護課
電話:076-274-9579

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。