金剱宮

ページ番号1002485  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:金剱宮

金剱宮(きんけんぐう)は、古くは「劍宮(つるぎのみや)」といい、鶴来の地名の由来となっています。崇神天皇3年(紀元前95年)に創祀されたと伝えられています。毎年10月上旬には、有名なほうらい祭りが行われ、高さ5メートルほどの造り物、獅子舞が練り歩きます。神輿、絵馬等多くの宝物が市文化財に指定されています。境内のウラジロガシ林は県天然記念物となっています。

住所:白山市鶴来日詰町巳28
連絡先:金剱宮
電話:076-272-0131

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。