徳証寺

ページ番号1002483  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:徳証寺

真宗大谷派に属し、元亀2年(1571年)に浄栄が開創し、延宝3年(1675年)に徳証寺と名乗るようになったと、同寺の由緒書は伝えています。以前は美川南町にありましたが、安政5年の大火により類焼し、現在地に建立されました。なお、内陣に安置されている開山御厨子は、堆黒の技法に秀でた蒔絵師・湊屋村次郎の作として、市文化財に指定されています。また、仏教学者・鈴木大拙が、美川小学校高等科の英語教師として、明治22年(1889年)から2年間、この徳証寺に寄宿していました。その縁もあり、昭和22年に新鋳された梵鐘には、大拙の手による銘文「The Bell of Peace & Liberty(自由と平和の鐘)」が刻まれています。

住所:白山市美川北町ソ127-1
連絡先:徳証寺
電話:076-278-2204

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。