千代女紙芝居ページ10

ページ番号1002787  更新日 2022年2月8日

印刷大きな文字で印刷

イラスト:加賀の千代女紙芝居ページ10

スッ・スッ・スーッ、スッ・スッ・スッ
千代は五十二才になりました。

千代は、この年の冬、髪の毛をそり、尼さんになりました。

そして、これまでの長い髪を思い出しながら、俳句をつくったのです。

「髪を結う手の隙あけて炬燵かな」

この俳句は「尼になって髪を手入れすることもないので、こたつにあたりながら、これからも俳句を勉強したいのです。」という気持ちを詠んだものです。

千代が尼さんになってから九年がたったある日、すばらしい事件がおこりました。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化振興課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9573 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。