千代女紙芝居ページ4

ページ番号1002781  更新日 2022年2月8日

印刷大きな文字で印刷

イラスト:加賀の千代女紙芝居ページ4

千代 「お父さん、今日遊んどる時ね、雁が飛んどったよ。くの字みたいな形でいっぱい飛んどったよ」

父 「ほうか。ああ、もう初雁の季節やなあ。」

ふっと千代の口から雁を見ていたときに浮かんだ言葉が出てきました。

千代 「初雁や ならべて聞くは 惜しいこと」

母 「千代、それ俳句やがいね。うまいもんやねー。」

父 「ほお、うまいもんやな。雁はみんなで一緒になって鳴くもんやしなー。」

お父さんとお母さんはびっくりしました。

それからというもの、千代はいろんな俳句をつくり、お父さんお母さんを何度も驚かせたのでした。

ある晩のこと。お父さんとお母さんは千代がねむりについたころ、ふたりで千代のことについて話をしました。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化振興課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9573 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。