若宮八幡宮の常夜灯

ページ番号1002310  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:若宮八幡宮の常夜灯

白山市指定有形文化財 建造物
若宮八幡宮の常夜灯(わかみやはちまんぐうのじょうやとう)

〔所在地〕白山市若宮一丁目100番地
〔指定日〕平成9年3月28日

この常夜灯は、明治35年(1902)、松任町の経済発展が目覚ましい時期に建てられたものです。内部の天井には灯油ランプを吊るす金具があり、毎夜明かりが灯されると、松任の海岸からも見え、灯台の役割も果たしたといわれています。
基礎は花崗岩五段の石組みで、石組みの最上段には、寄附人名、世話人名、落成年月が刻まれています。板壁部分は厚い下見板張り、屋根は方形造り瓦葺きです。外壁上部の四面の窓には、「ギヤマン」と称された赤、青、白の色ガラスがはめ込まれ、西欧文化を取り込んだ建物でもあります。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。