一閑院法華塔

ページ番号1002308  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:一閑院法華塔

白山市指定有形文化財 建造物
一閑院法華塔(いっかんいんほっけとう)

〔所在地〕白山市鶴来本町四丁目チ18番地1
〔指定日〕昭和63年3月23日

一閑寺はもと一閑院といい、寛永8年(1631)金沢宝円寺五代住職雲尭の開山とされます。天保年間に堂宇が焼失し、当時の住職獨角により再建が進められました。
法華塔は、このとき建立されたもので、獨角が、手取川から小石を拾い集め2年間にわたり写経した経石を埋納したものです。6万7304字の法華経の教文が一石に一字ずつ書かれており、このような写経形態は一字一石経や礫石経等といわれています。法華塔の石材は能美市和佐谷産の凝灰岩で、「守株日記」には天保11年(1840)4月23日に、石引きが実施されたことが記されています。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。