平成19年度入選作文(ジュニア部門2)「朝の握手」

ページ番号1002690  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

第23回暁烏敏賞ジュニア部門入選作文(小学生部門)

写真:ジュニア盾

  • 作文題名 朝の握手
  • 氏名 長谷川 綾乃
  • 住所 愛知県豊田市在住
  • 学年 豊田市立市木小学校 5年

私の家では、毎朝きまってする事があります。それは、朝、学校へ行く時、玄関で握手をする事です。朝ねぼうをしちゃった時は、心ぞうが、
「ドキンドキン。」
としていて、
「もう、早くいかなきゃいけないのに。」
と思う時もあるけれど、お母さんが、
「ギュッ。」
と握手してくれると、なんだか、ほっとするからふしぎ。なんだか元気がわいてきます。お母さんも、
「朝みんなに『いってらっしゃい。』って言いながら、握手すると、みんなの手からパワーをもらって、一日元気に過ごせるよ。」
と、にっこり笑います。

晴れの日もたくさんの雨が降る日も、そして、ちょっぴり雪がちらつく日も、必ず毎朝、握手をしていたのに、とうとうしばらく、朝の握手はおあずけです。なぜなら、お母さんが病気で入院してしまうから。

「一週間ぐらいで退院できる予定だからね。必ず元気で帰ってくる。だから、おばあちゃんの言う事をよく聞いて、良い子にしていてね。お母さんの事は、心配しなくていいからね。」
お母さんの代わりに、おばあちゃんとしばらく暮らす事になった私に、お母さんは何度も何度も、そうくりかえし言ってきます。なんだかお母さんは、自分の事よりも私の事を心配しているみたい。でも、心配顔で私を見てくるお母さんを見ていたら、こっちまで心配になってきちゃった。だって、病気なのは私じゃなくてお母さんで、心配されるのは、お母さんの方だと思うから。

そこで、私は決めたんです。お母さんに少しでも安心してもらいたくて、入院する日の朝、力いっぱいの握手で、お母さんに私の元気パワーを分けてあげようと。
「じゃあ行ってきます。」

大きな荷物をかかえたお母さんが、玄関に立っています。私には、おばあちゃんも妹もいるから、ぜんぜんさみしくなんかないはずなのに、次から次へと、かってに出てくる涙を止めていたせいかな。なぜか胸がどんどんくるしくなってしまいました。

でも、せいいっぱいの大きな声で、
「良い子にしているから心配しないでね。」
と、言いながら、力いっぱいお母さんの手を握ったら、いつもの握手より、もっともっと安心した。

元気パワーを分けてあげるつもりだったのに、またいつもみたいに、お母さんからパワーをもらってしまった私。
「握手をしただけで、人を安心させられるお母さんのパワーって、すごい!」
と私は心のそこから思いました。

朝の「いってらっしゃい」や、夕方の、「おかえり。」お母さんがいつもかけてくれるこの言葉も、聞く人を安心させるパワーのある言葉だと、私は思います。だって、「おかえり。」と言われると、なんだかすごく、ほっとするから。それに、だれかが家で待っていてくれると思うと、早く家に帰りたくなります。

私も大きくなったら、
「おかえり」
って、言ってあげられるお母さんになりたいと思います。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化振興課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9573 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。