平成20年度入選作文(ジュニア部門2)「きせきの子」

ページ番号1002688  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

第24回暁烏敏賞ジュニア部門入選作文(小学生部門)

写真:ジュニア盾

  • 作文題名 きせきの子
  • 氏名 宇都宮 実優
  • 住所 福井県越前市在住
  • 学年 越前市立武生南小学校 2年

わたしは、きせきの子とよばれています。なぜかと言うと、おかあさんは赤ちゃんが、なかなかできないとおいしゃさんに言われていたのに、わたしがうまれてきたからです。だから、わたしは一人っ子です。

わたしが、
「おとうとか、いもうとがほしい。」
と言ったら、おかあさんが、
「おかあさんのおなかがあんぽんたんで、赤ちゃんつくってあげられなくて、ごめんね。」
と言いました。わたしは、おかあさんがさみしそうなので、
「へんなこと言ってごめんなさい。おかあさんをこまらせてごめんなさい。」
となきました。おかあさんは、なかなか赤ちゃんができないとわかっていたのに、赤ちゃんを生んでと言ってしまったからです。

わたしは、もうおかあさんをこまらせないでおこうと思いました。

ある日、おかあさんと二人でおさんぽをしていたら、きんじょのおばちゃんに、
「みゆうちゃんは一人っ子か。おとうとかいもうとがほしいやろう。」
と言われました。わたしは、もうおかあさんをこまらせたくないと思っていたので、
「おとうとも、いもうともいらない。」
と言いました。なのに、おばちゃんは、また、こんなことを言ってきました。
「おかあさん、みゆうちゃんがね、きょうだいほしいって言ってるよ。」

わたしは、なきながら、おこって、
「赤ちゃんいらないんやって。」
と言いました。おばちゃんが二かいも同じことをきいてきて、いっしょにいたおかあさんが、さみしい気もちになっていると思ったので、おこって言いました。

おばちゃんは、おかあさんに話をきいて、
「よけいなことを言ってごめんね。」
と言ってさって行きました。

おさんぽのかえりに、おかあさんが、
「ありがとう。」
と言いながら、みちに止まって、ギュウッと、だっこをしてくれました。わたしは、おかあさんに、ギュウッをしてもらってうれしかったです。

ほんとうは、いもうとがほしいけど、おかあさんが好きだから、今は、がまんしています。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化振興課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9573 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。