移住者の声Vol.14 本田 直次さん

ページ番号1002949  更新日 2022年2月8日

印刷大きな文字で印刷

加賀市から鳥越へIターン
地のもので地域活性化を目指す

石川県野々市市から白山市へIターン
鶴来地域在住
石川県加賀市から白山市へIターン
白山ろく地域(鳥越)在住
(2020年8月27日 取材)

写真:本田さん夫婦

加賀市から鳥越へIターン
地のもので地域活性化を目指す


本田 直次(ほんだ・なおじ)さん 石川県加賀市出身

  • 2020年2月 加賀市から白山市左礫町に移住
  • 2020年7月 自家製パン等を提供する「お休み処 シキサイ」オープン

二次元コード:お休み処 シキサイ

白山市へ移住したきっかけは?

航空写真を見ていた時、「ここは田んぼなのか、畑なのか…」と不思議に思ったのが白山ろくのある地域でした。すぐに現地を訪れ、荒れた畑の様子を目の当たりにし、何かできないのかと思いました。その土地を借り受け、草刈りをするところから始めました。その場所で自生していた桑の効能を知り、桑茶を作り始めました。その作業場となる場所を探している時に白山市の空き家バンク制度を知りこの空き家を見つけ、作業場としてだけではもったいない、住み続けたいと思い、移住を決めました。

写真:お休み処 シキサイ 外観

空き家バンク制度を知ったきっかけについて教えてください。

空き家バンク制度のことは、畑を持っていた人の息子さんが私の同僚で、その方に「こんな制度があるんだよ」と教えてもらいました。これも縁かなと思いますね。

白山市の好きなところを教えてください。

好きなところとしては、人間味があって空気も良いところですね。周囲には良い意味で何もないので、自分の時間がたくさん持てます。
それから、水がとても良いと感じました。味はもちろん、お風呂に入ると全然違いますね。時間があればジャズを聴きながらコーヒーを飲んだり、本を読んだり、自分が手をかけた店構えや古民家の柱を眺めたりするのが最高です。

写真:本田さん

住み始めて大変だったことを教えてください。

家の床下の柱がシロアリに喰われてボロボロだったのには驚きました。改修するのは大変でしたが、市から補助もいただき完成させることができました。生活面で大変だったのは、虫が多いことですね。以前住んでいたところはあまり虫が出なかったので…(笑)。カメムシやムカデ、バッタなどがたくさんいるので、すき間に木を張る、窓全体を遮光ネットを設置するなど対策をしています。

写真:お休み所 シキサイ 内観

「お休み所 シキサイ」を開店して数か月が経ちましたが、オススメのメニューがあれば教えてください。

オススメのメニューは近隣に自生する桑の葉を使ったお茶、桑パンや健康桑そば、そして湧き出る水に合わせたハイブレンド珈琲、特製直火によるアイスコーヒーです。どれも白山ろくの豊かな素材を使ったメニューです。

今後の目標を教えてください。

地元の人たちと一緒に地域を創っていきたいです。近所の方たちに桑の葉の摘み取りや、シール貼りなどの仕事を手伝ってもらおうと考えています。桑茶はお茶と作り方が同じですが、すべてを一人でやろうとすると大変なので、蒸しの作業や乾燥させる作業まで手伝ってもらって…。やりたいことがなかなかできない方にとって、この仕事がちょっとした収入になり、生きることに張り合いを持ってもらえるのかなと思います。このように、白山ろくにお仕事を提供することや、桑茶をもっと広げ、健康な人を多くすることを目標としています。

写真:桑茶

(取材日:2020年8月27日)

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

企画振興部定住支援課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9568 ファクス:076-274-9518
企画振興部定住支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。