絹本著色 聖徳太子絵伝

ページ番号1002302  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:聖徳太子絵伝 第三幅

白山市指定有形文化財 絵画
絹本著色 聖徳太子絵伝(けんぽんちゃくしょく しょうとくたいしえでん)

〔所在地〕白山市東一番町12番地
〔所有者〕本誓寺
〔員数〕五幅
〔寸法〕各幅共 縦146.9cm、横102.4cm
〔指定日〕昭和45年7月22日

一般に聖徳太子絵伝は、聖徳太子の一生を絵画化したものですが、太子の事跡に多くの欠落が認められるところから、もとは十幅一具のものではなかったかと推定されています。また、善光寺如来の縁起や、親鸞のエピソード、大谷廟堂の場面が描かれており、真宗教団の立場から新しい解釈が加えられた絵伝として貴重なものといえます。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。