国登録有形文化財(建造物)に関する答申が出されました

ページ番号1002263  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

令和2年7月17日(金曜日)に国の文化審議会が開催され、旧加賀一の宮駅を登録有形文化財に登録するよう、文部科学大臣に答申されました。登録は答申後に行われる官報告示をもって正式決定となりますが、これにより白山市に所在する登録有形文化財(建造物)は33件となる予定です。

写真:駅舎玄関側

写真:駅舎線路側

写真:駅舎待合室


登録名称

旧北陸鉄道石川線加賀一の宮駅駅舎(きゅうほくりくてつどういしかわせんかがいちのみやえきえきしゃ)
所在地
白山市白山町レ60-1他
構造、形式
木造2階建て、瓦葺き
建築面積
81平方メートル
年代
昭和15年頃建築、令和元年曳家改修
登録文化財とは
平成8年に誕生した国の文化財保護制度のひとつ。築50年以上経過した比較的新しい建造物のうち、貴重な歴史遺産となるものを、国の文化財登録原簿に登録します。重要文化財とは違って、所有者側の活用が優先されるなど、比較的規制が緩やかなうえ、知名度が高いことが特徴です。
種別
建造物、交通
登録基準
国土の歴史的景観に寄与しているもの
特徴、評価
唐破風(からはふ)玄関を付け、社寺建築の細部意匠を取り入れるなど、白山比め(しらやまひめ)神社の門前駅として和風を意識した駅舎
その他
石川県内の駅舎では初の登録有形文化財(建造物)となります。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。