埋蔵文化財情報(宮永遺跡の発掘調査が終了しました)

ページ番号1009726  更新日 2023年2月16日

印刷大きな文字で印刷

調査区全景写真
令和4年度調査調査区全体写真

 令和4年11月28日より開始した「宮永遺跡」の発掘調査が、令和5年2月13日で終了しました。
 今回の調査では、遺構として、一辺約4mの竪穴建物を1棟確認したほか、古代と思われる掘立柱建物を4棟、この他、土坑を11基、溝を2条、ピットを多数確認しました。
 遺物については、弥生土器の他、古墳時代中期の須恵器、古代の須恵器、土師器の把手・甕等が出土しました。
 今後、遺構図面や出土遺物を整理したうえで過去の調査成果と合わせ、本遺跡の変遷や集落の推移について検討を行っていく予定です。

出土遺物
令和4年度調査出土遺物(土師器)
出土遺物(須恵器)
令和4年次調査出土遺物(須恵器)

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。