銅造 地蔵菩薩半跏像 附台座、光背(どうぞう じぞうぼさつはんかぞう つけたりだいざ、こうはい)

ページ番号1002405  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:地蔵菩薩半跏像 附台座、光背

銘文によると康永元年(1342年)の作で、鎌倉時代の技法を踏襲した大変美しい仕上がりです。なお、本像は、明治維新以前は、白山本宮(現白山比咩神社)の白山寺にあった、地蔵院護摩堂の本尊であったと伝えられています。

所在地
白山市東三番町

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。