社会資本整備総合計画・都市再生整備計画

ページ番号1002972  更新日 2022年6月17日

印刷大きな文字で印刷

社会資本整備総合計画

社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、事業主体である地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

社会資本整備総合計画は、社会資本整備総合交付金で事業を実施する場合に作成する計画で、地域が抱える政策課題を、事業主体である地方公共団体が自ら抽出し、3~5年の期間で実現しようとする目標や、課題の解決のために計画期間内に行う事業等を記載したものです。

白山市の社会資本整備総合計画

都市再生整備計画

都市再生整備計画事業は、従来の「まちづくり交付金事業」のことで、社会資本整備総合交付金の基幹事業としての一つです。(都市再生特別措置法第46条第1項の都市再生整備計画に基づく事業)
また、都市再生整備計画(地方都市リノベーション事業)は、地方都市の既成市街地等において、既存ストックの有効活用を図りつつ、持続可能な都市構造への再構築を図るため、地域の生活に必要な都市機能の整備・維持を重点的かつ集中的に支援することにより、地域の中心拠点・生活拠点の形成を推進し、地域の活性化を図ることを目的とした計画です。

都市再生整備計画は、地方公共団体が創意工夫を生かしたまちづくりを行うため、まちづくりの目標、目標を定量化する指標、目的達成のために実施する事業等を記載したもので、交付金の交付を受けて事業を実施しようとする場合は、国へ提出し、国土交通大臣の承認を得る必要があります。

白山市の都市再生整備計画(旧まちづくり交付金)

白山市の都市再生整備計画(地方都市リノベーション事業)

事前評価について

事前評価は、整備計画を策定して、国土交通大臣に提出するときに、地方公共団体が、自主的・主体的に検証を行うものです。

事前評価チェックシート

事後評価について

事後評価は、事業によって得られた効果やその実施過程、成果の要因などを客観的に評価・分析し、今後のまちづくりのあり方や事業の成果などを市民の皆様にわかりやすく説明することを目的としています。

事後評価シート

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

建設部都市計画課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9558 ファクス:076-274-4188
建設部都市計画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。