市民協働で創るまちづくり

ページ番号1002895  更新日 2022年3月29日

印刷大きな文字で印刷

市民協働で創るまちづくりとは

本市では、誰もが将来にわたって安全・安心で住みよいまちを実現していくため、地域住民が話し合いながら地域課題に対応し、行政とともにまちづくりに取り組む「市民協働で創るまちづくり」を進めています。
現在も、地域活動が活発に行われ、地域コミュニティが形成されていますが、多様化する地域課題に対応しながら、将来に渡っても住み続けたい地域であるため、地域コミュニティ組織が必要であると考えます。

市民協働で創るまちづくりのポイント

市民協働で創るまちづくりあり方方針

「市民協働で創るまちづくり」の基本的な考え方を定めた「白山市市民協働で創るまちづくりあり方方針」を策定しました。

白山市が目指す地域コミュニティ組織とは

持続可能なまちづくりを行うため、若者や女性を含めた多様な地域住民や各種団体などの地域の皆さんで、地域の特徴や活動、課題、困りごとを話し合って、「地域でできることは、地域で知恵や発想を出して取り組む」仕組みが必要と考えています。白山市では、その取り組みの主体となる「地域コミュニティ組織」を市内28公民館区での設立を推進します。

地域コミュニティ組織の必要性

  • 10年後、20年後における地域運営の持続
  • 地域住民で支え合う「共助」の仕組み
  • 住民が主役の地域づくり

地域コミュニティ組織のイメージ

イラスト:地域の皆さんで話し合う様子

地域コミュニティ組織の設立

地域コミュニティ組織への財政支援

地域コミュニティ組織のモデル地区

「市民協働で創るまちづくり」の実現に向けて、市内28公民館区で活動主体となる地域コミュニティ組織の設立を目指しています。令和2年度から次のモデル地区において試行的に活動しています。

モデル地区一覧

年度

地域

地区

令和2年度

松任地域

石川地区

松任地域

山島地区

松任地域

千代野地区

美川地域

蝶屋地区

鶴来地域

舘畑地区

白山ろく地域

白峰地区

令和3年度

松任地域

宮保地区

中奥地区

林中地区

美川地域

美川地区

鶴来地域

蔵山地区

現在、下記の地区においてホームページが公開されています。

地域コミュニティ組織 モデル地区報告会

モデル地区において、試行的な活動が順次進められており、その取り組み内容を報告しました。

まちづくりワークショップ(モデル地区報告会)

写真:ワークショップの様子

まちづくりには住民同士の「対話」と「共感」を深めるための「話し合いの場づくり」が重要と考えており。ワークショップの手法を体験していただきました。併せてモデル地区の取り組み内容を報告しました。

まちかど市民講座(各地区での説明)の申し込み

写真:まちかど市民講座

「まちかど市民講座」は、市の施策や事業の内容などについて、市職員が講師となって市民の皆さんにお伝えする講座です。
「市民協働で創るまちづくり」についても、講座テーマに設定されています。単独開催のほか、各種会合や行事の一コマにもお申込みできます。ぜひご利用ください。

申込は下記のページをご覧ください。(広報広聴課)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

企画振興部協働推進課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9517 ファクス:076-274-9518
企画振興部協働推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。