白山市市民協働で創るまちづくりあり方方針

ページ番号1002894  更新日 2022年3月29日

印刷大きな文字で印刷

白山市市民協働で創るまちづくりあり方方針策定の趣旨

地域と行政がともに持続的な地域づくりに取り組む「市民協働で創るまちづくり」の基本的な考え方を定め、本市において、若者や女性など多様な住民をはじめ各種団体、市民活動団体、教育機関、企業の担い手が連携・協力しながら地域全体で活動を行う際の共通認識とします。

白山市市民協働で創るまちづくりあり方方針の概要

市民協働で創るまちづくり

地域の多様化する課題に対応していくため、地域が個性や特色を活かし、行政とともに地域づくりに取り組む「地域コミュニティ組織」が主体となり、本市が目指す地域の姿「誰もが安心して暮らし続けられる“健康な”地域」の実現を目指します。

地域コミュニティ組織の必要性

  • 10年後、20年後における地域運営の持続
  • 地域住民で支え合う「共助」の仕組み
  • 住民が主役の地域づくり

地域コミュニティ組織の推進方策

  • モデル地区における取り組み
  • 活動拠点となる公民館のコミュニティセンター化
  • (仮称)地域予算制度(一括交付金)
  • 人材育成

白山市市民協働で創るまちづくりあり方方針のダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

企画振興部協働推進課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9517 ファクス:076-274-9518
企画振興部協働推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。