離婚届

ページ番号1006674  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

離婚するときは離婚届を提出してください。
届出人は、協議離婚の場合は夫と妻、調停や裁判の場合は申立人です。
婚姻中の氏を使いたい場合は、離婚の日から3か月以内に届出をしてください。
協議離婚の場合は、成人の証人2人の署名と押印が必要です。
調停離婚や裁判離婚のときは、調停成立または裁判(審判・判決)確定の日から10日以内に申立人から届出をしてください。
夫婦間に未成年の子がいる人は、その子の親権者を定めてください。

届出地

夫または妻の本籍地・住所地・所在地のうち、いずれかの市区町村役場

必要なもの

離婚届1通、夫と妻の印鑑(協議離婚のみ)、戸籍謄本(本籍が市外の人)1通

本人確認のために提示していただく書類

  • 官公署が発行した顔写真付の書類
    運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真あり)等
  • 上記の書類以外(次の中から2点お持ちください)
    健康保険被保険証、介護保険被保険証、後期高齢者医療受給者証、年金手帳、年金証書、住民基本台帳カード(顔写真なし)等

※その他の本人確認書類については、お問い合わせください。

国民健康被保険証(加入者のみ)
調停離婚の場合 調停調書の謄本、申立人の印鑑(夫または妻)
和解離婚の場合 和解調書の謄本、申立人の印鑑(夫または妻)
審判離婚の場合 審判書の謄本及び確定証明書、申立人の印鑑(夫または妻)
判決離婚の場合 判決書謄本及び確定証明書、申立人の印鑑(夫または妻)

届出先

市民課(電話 076-274-9525)または各支所担当課

養育費と面会交流の取り決めについて

子どもにとって、両親の離婚はとても大きなできごとです。
子どもがこのできごとを乗り越えて健やかに成長していけるよう、夫婦が離婚をするときに親としてあらかじめ話し合っておくべきことに、「養育費」と「面会交流」があります。
法務省では、養育費と面会交流の取り決め方や、その実現方法について分かりやすく説明したパンフレットを作成し公開しています。

関連リンク

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部市民課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9525 ファクス:076-274-9559
市民生活部市民課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。