固定資産 よくある質問

ページ番号1007098  更新日 2022年2月28日

印刷大きな文字で印刷

質問宅地の評価額が下落しているのに固定資産税が下がらない理由を知りたい

回答

宅地の評価額は、評価額の均衡を図るため平成6年度から全国一律に地価公示価格等の7割を目途に引き上げられました。
しかし、税額は急激な税負担の増加を避けるため、評価額の上昇割合に応じて、毎年緩やかに上げていく税負担の調整措置がとられてきました。その結果、評価額と税額の算定の基礎となる課税標準額に格差が生じました。
そのため、地価の下落により評価額を減額した土地でも、評価額に対する税負担の割合が低い場合は、税額を据え置くか上がることになります。

関連情報

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。