白山市白峰伝統的建造物群保存地区 手続き

ページ番号1002262  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

国選定 重要伝統的建造物群保存地区

平成24年7月9日付の文部科学省告示をもって、白峰地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

【名称】白山市白峰伝統的建造物群保存地区
【所在地】白山市白峰の一部
【面積】約10.7ha
【区域】白山市白峰イ、ロ及びハの各一部
【種別】山村・養蚕集落
【選定基準】(三)伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示しているもの
【選定年月日】平成24年7月9日
【概要】
保存地区は、山間部の狭隘な敷地に主屋が通りに面して建ち並び、地区の中央部には、社寺及び大家が居を構え、これらを囲む石垣が連なり、特徴ある景観を形成しています。また、豪雪という気候風土や養蚕という生業に即して発展成立した地方色豊かな伝統的建造物群が良く残りまた、厳しい自然環境にある山村集落の歴史的風致を良く残し、国にとっても価値が高いと評価されました。

写真:通り沿いの集落景観
通り沿いの集落景観
写真:集落の全景
集落の全景

保存地区内においては、下記の手引きを参考に、現状変更の手続きをしていただくようお願いいたします。手続きにともなう申請用紙は、下記様式をご利用下さい。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。