六郎塚(六郎杉)

ページ番号1002322  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:六郎塚

白山市指定史跡
六郎塚(六郎杉)(ろくろうづか・ろくろうすぎ)

〔所在地〕白山市日御子町ハ40番地2
〔所有者〕白山市・日御子神社
〔指定日〕昭和53年2月22日

「六郎塚」は源平の戦いで木曽義仲に加勢し活躍した林六郎光明の墳墓と伝えられ、塚にある老杉は「六郎杉」とも呼ばれています。
江戸時代から「越登賀三州志」等に記され塚の存在が知られていました。
林光明は十二世紀末頃、北加賀で最も勢力を有した武士団林氏の棟梁で、横江庄の所領を白山本宮へ寄進したとされ、白山比咩神社には伝林光明寄進の黒漆螺鈿鞍(重要文化財)が残されています。(また白山市知気寺町や野々市中林等に林氏の館跡伝承地があります。)

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。