歌占(歌占滝)

ページ番号1002321  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:歌占

白山市指定史跡
歌占(歌占滝)(うたうら・うたうらたき)

〔所在地〕白山市白山町南郊国道脇
〔所有者〕白山市
〔指定日〕昭和52年12月28日

謡曲「歌占」の物語は、流離の父と子が、加賀の国白山の麓で、小弓に結びつけた占いの和歌を引き当て、めでたく再会するというものです。
その故事は「文保2年(1318)9月20日夜、滝ノ宮御遷宮、祭神住吉四座、歌占ニアリ」と白山比咩神社「白山遷宮記」にみえます。すなわち、世阿弥元清がこの記述に基づいて「歌占」を作ったのであろうといわれています。
現在、ここに住吉社はありませんが、「すみよし」という地名だけが残っており、滝壺は浅いものの、幅3メートル、高さ6メートルばかりの滝があり、「歌占の滝」と言っています。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。