シダレ桜、イチイノ木

ページ番号1002348  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:シダレ桜、イチイノ木

白山市指定天然記念物
シダレ桜、イチイノ木(しだれざくら いちいのき)

〔所在地〕白山市鴇ヶ谷
〔指定日〕昭和56年8月10日

シダレ桜は、目廻り周囲235cm、樹高は18mあり、その根元にあるイチイの木は根回り96cm、95cm、83cmの3本が1株となり、株廻りは3mにも及びます。樹齢は約300年〜400年と推定されています。
江戸時代、鴇ヶ谷村(とがたにむら)は徳川幕府直轄の天領で、牛首村(現白峰)の大庄屋山岸家の下の村役人であった山内忠兵衛が造成した屋敷にあった木とされています。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。