注意情報 封書による架空請求にご注意ください

ページ番号1001607  更新日 2022年2月8日

印刷大きな文字で印刷

注意情報 封書による架空請求にご注意を!

イラスト:封書

白山市内において、「東京法務管理局」という架空の官公署から「裁判所に訴状が提出された」などと記載された封書が送られてきたという相談が多数寄せられています。
給料や不動産などの差し押さえをちらつかせ、不安をあおり連絡させようとする詐欺の手口と思われます。
不用意に連絡先に電話してしまうと個人情報を聞き出され、不当な金銭を要求されることがあります。
このような封書が届いても慌てず、家族や親しい知人に相談し、不安な場合は白山警察署または消費生活センターにご相談ください。

対処方法

  • 無視する
    裁判に関することが、裁判所以外の官公署から送られてくることはありません。
  • 掲載されている連絡先には電話しない
    相手に自分の電話番号が知られてしまいます。脅されたり、繰り返しお金を請求されたりする場合があります。
  • お金を支払ってしまった場合は、警察へ相談
  • 不安なときは、まわりの人や相談窓口へ相談

白山市役所1階消費生活センター 電話076-274-9507
平日午前8時30分~午後5時15分

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部消費生活センター
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9507 ファクス:076-275-2211
市民生活部消費生活センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。