松任中川一政記念美術館(まっとうなかがわかずまさきねんびじゅつかん)

ページ番号1002380  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:松任中川一政記念美術館

松任中川一政記念美術館は、日本洋画壇の巨匠で文化勲章受章者の中川一政より作品の寄贈を受け、昭和61年(1986年)10月に開館しました。当地との縁は、中川一政の母親が、本市の相川新町出身であり、自身も幼い頃や青年時代に母の郷里である松任の地に何度も足を運んだことにあります。現在は、油彩・岩彩・書・陶器等約300点の作品を収蔵し、その中から常時およそ70~80点余りを、年に数回テーマ毎に展示しています。

住所
白山市旭町61-1
営業時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30まで)
定休日
毎週月曜日(祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始、館内特別整理期間
料金
一般200円、高校生100円、中学生以下無料
(白山市立博物館・千代女の里俳句館との3館共通料金です)
駐車場
あり(松任駅南複合型立体駐車場で入館者は3時間無料)
問い合わせ
076-275-7532

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。