はいかい高齢者等家族支援サービス

ページ番号1001989  更新日 2022年3月2日

印刷大きな文字で印刷

IOTを活用した見守りシステムで、在宅で生活している認知症の高齢者などが道に迷ったり行方不明になることを防止し、家族の身体的・精神的負担を軽減し、安全かつ安心して外出できる環境を整備します。
システムの概要

小型の端末「みまもりタグ」を持った人の足跡(位置情報履歴)を家族が確認できるシステムです。

タグが出す電波を、タグの感知器や専用アプリをインストールしたスマートフォンが受信し、位置情報を収集します。

対象者
市内在住で外出先に道に迷う恐れのある次の方
  • おおむね65歳以上で、在宅の認知症高齢者(若年性認知症も含む)
  • 知的障害者の方(療育手帳の交付を受けた方)
  • 精神障害者の方(精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方)
利用できる人
対象者の家族(親族等)
  1. スマートフォン等で専用アプリケーションのインストールやメールの受信が可能
  2. 「市はいかい高齢者等安心ネットワーク※」に登録を行う
    ※行方不明時に協力団体に情報提供し、協力を依頼するものです。
費用負担
  • タグの購入費(1個):2,420円
  • システム月額利用料の一部:300円
見守りタグと感知器の写真
左:見守りタグ 右:感知器
対象が外出したことを感知器からサーバーを通して家族のスマートフォンに通知される図
外出のお知らせ
ボランティアが目撃した位置情報がサーバーを通して家族のスマートフォンに通知される図
位置の履歴を確認

みまもり協力者に登録ください!

認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、地域で支えあい、見守る体制づくりを進めています。
市内に在住・在勤・在学でスマートフォンまたはタブレットをお持ちの方なら、どなたでも「みまもり協力者」として登録できます。ぜひ、ご協力ください。

みまもり協力者専用アプリのインストール方法についての表

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部長寿介護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9529 ファクス:076-275-2211
健康福祉部長寿介護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。