園の子どもの様子(双葉保育所)

ページ番号1005605  更新日 2022年12月9日

印刷大きな文字で印刷

さつま芋たくさん採れたね(5歳児)

さつま芋を掘っている写真

春に植えたさつま芋の長く伸びた弦を見て「おいもいくつあるかな?」と収穫を楽しみに待っていました。弦をひっぱり、さつま芋が顔を出すと「手伝ってー!」と声をかけ合い、一生懸命土を掘っていました。大きなさつま芋がたくさん収穫でき、早く食べたい様子でした。後日園庭で焼き芋をすると、「熱いけどおいしい」「いっぱい食べたらおなら出るー」などの声が聞かれました。次は自分達で調理をして食べる予定です。収穫を通して秋の味覚に触れ、食への関心がさらに高まることを願っています。

年長組さんと文化祭の作品を見に行ったよ!(4歳児)

文化祭の作品を見ている様子

お兄ちゃんお姉ちゃんと手を繋いで、文化祭に出展した作品を見に、林公民館へ行きました。子ども達が保育所周辺で拾った自然物を使った作品が展示されていて、「私の飾ってある!」と嬉しそうにする子や、小学生や一般の方の展示物を見て「すごいね!」と感想を口にする子がいました。また、道中「そこは危ないよ」「信号赤になったよ」と優しく教えてもらったり、会話を楽しんだりしながら歩く姿も見られました。これからもいろいろな機会の中で、年上児に憧れの気持ちを持ち、関わって遊ぶ楽しさが感じられるようにしていきたいと思っています。

ハロウィンのおばけがやってきた!(3歳児)

仮装をした年長児に年少児が手作りのキャンディーを渡しているところ

 

年長児が仮装をして年少組の保育室にやってきました。「お菓子をくれないとイタズラするよ」と優しく声をかけられると、子ども達はドングリを使ってキャンディーを作り「これをあげるからいたずらしないでね」と言って渡していました。異年齢のかかわりを通して、遊びの中であこがれの気持ちが育まれるよう関わっていきたいと思います。

どんぐりころころ、楽しいな!(2歳児)

どんぐりころがしを楽しんでいる様子

 

園庭に出ると、真っ先にどんぐりを拾いに行く子ども達。「あったよ!」「お部屋に持っていってもいい?」と、どんぐりをたくさん集めることができたので、部屋でどんぐり転がしをして楽しみました。最初は、上から一つずつ転がしていた子ども達でしたが、遊んでいく中で両手にたくさんのどんぐりを持って、一気に何個もまとめて転がしてみる姿も見られるようになり、様々な楽しみ方を見つけることができました。季節ならではの遊びを取り入れることで、秋を感じることができるといいなと思います。

お外、だ~いすき!(0,1歳児)

外遊びを楽しんでいる様子

 

天気の良い日は戸外で遊ぶのが大好きな子ども達。保育所の近くにある農村公園はお気に入りの場所です。少しずつ歩くのが上手になってきているので、芝生の上をうまくバランスを取りながら嬉しそうに歩いています。トンボやバッタなどを見つけると、「あ!」「おー!」と指さしながら見つめたり触ろうとしたりする姿も見られます。これからも身近な自然に触れる機会を持っていきたいと思います。

葉っぱ、いっぱいだね!(分園)

友達と一緒に落ち葉で遊んでいる様子

 

赤や黄色に染まった葉がとてもきれいな公園で、足で落ち葉を踏んでカサカサッとなる音を楽しんだり、手で葉をクシャクシャにして感触を味わったりしています。保育士が子ども達の頭の上から葉っぱを降らせると、「ワ~!」と歓声を上げながら大喜び。深まる秋を体いっぱいに感じながら、いきいきと遊んでいます。


次回の更新は2月に予定しています。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部こども子育て課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9527 ファクス:076-274-9547
健康福祉部こども子育て課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。