千代野保育所での子どもの様子

ページ番号1005600  更新日 2022年11月18日

印刷大きな文字で印刷

(5歳児)さつまいものクッキングしたよ

クッキングをしている写真

畑で収穫したさつまいもを使って「いもきんちゃく」を作りました。さつまいもをフォークでつぶし、砂糖、バター、塩を少し入れて「おいしくなーれ!」と唱えながら混ぜ、ラップに分けて丸めました。「めっちゃ丸くなった「おにぎりみたい」とそれそれ好きな形にして出来上がり。「ほんのり甘い!」「おいしい」と頬張り、大喜びの子ども達でした。

(4歳児)秋の宝物を見つけたよ

友達と大きな葉っぱで顔を隠している写真

「みてみて!」と大きな葉っぱで顔を隠した子どもたち。友達と一緒に葉っぱを見つけたことが嬉しくて、周りの友達や保育士のところへ行っては「だーれだ?」と驚かせては楽しんでいました。戸外で様々なものを見つけたり、見つけたものを遊びに取り入れたりして、友達と一緒に楽しさを共有しながら遊んでいる子どもたち。秋の自然の中で、子どもたちが心を動かされる瞬間を大切に受けとめながら、自然への興味を広げていきたいと思います。

 

(3歳児)初めての楽器遊び

楽器を演奏している写真

秋には拾ったドングリで作ったマラカスを鳴らすのを楽しんでいた子ども達。表現会が近づき、今度は鈴やカスタネット、タンバリンに挑戦しました。初めて楽器に触れるので扱い方を丁寧に伝えていき、保育室では音楽を流すと好きな楽器を手に取って音楽に合わせて楽器を鳴らすことを楽しんでいます。様々な楽器に触れながら音楽に合わせて楽器を鳴らしたり、楽器を使って表現したりすることを楽しんでほしいと思います。

(2歳児)お医者さんになりきって遊んでいます

友達とお医者さんごっこをしている写真

遠足ごっこ、運動会ごっこなどなりきって遊ぶのが大好きなたんぽぽ組の子ども達。秋頃から友達と一緒に楽しむ姿も見られるようになってきました。中でも一番盛り上がっているのがお医者さんごっこです。内科健診や病院を受診した経験から始まり、人形や保育士、友達を相手に「どこが痛いですか?」「お熱測ります」とお医者さんになりきって診察しています。聴診器で胸の音を聞く真似をして、「注射します」「お薬飲んでください」など治療や薬の処方まで再現して、保育士や友達とのやりとりを楽しんでいます。

(1歳児)砂遊びに夢中

中庭の砂場で砂遊びをしている写真

中庭に出ると、砂遊びをするのが大好きなもも組の子ども達です。過ごしやすい秋の気候はじっくりと砂遊びをするのにぴったりで、たくさんの子ども達が砂場に集まっています。砂の感触を手で感じたり、スコップなどの道具を使って砂の出し入れをしたり、夢中で遊んでいます。カップの中に砂を入れる時は真剣な表情で黙々としていますが、カップが砂でいっぱいになると「みてー」と笑顔で嬉しそうに見せてくれますよ。

(0歳児)季節の野菜

子ども達がレンコンを囲んでいる写真

おやつに使われるレンコンに触れました。野菜は離乳食の初期から食べられる食材です。離乳食ではつぶしたり切ったりして調理した状態で出てきますが、調理前の野菜に触れ、色や形、匂いを感じました。一緒に絵本のレンコンを見たり、レンコンの穴に指を入れたりして興味津々の子ども達。実際の野菜に触れることで、野菜を身近に感じてほしいと願っています。


※ 次回の更新は2月を予定しています。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部こども子育て課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9527 ファクス:076-274-9547
健康福祉部こども子育て課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。