園での子どもの様子(松任幼稚園)

ページ番号1005597  更新日 2022年11月22日

印刷大きな文字で印刷

ゆらゆらドキドキ綱渡り(5歳児 あさがお組)

登り棒で綱渡りをしている写真

運動会で体を動かす楽しさを味わった子ども達は、今度は登り棒で綱渡りをして遊びました。「今日はクモの巣コースにする?」「次、赤色の棒に綱巻こう」と、子ども達と教師で話し合いながらつくります。コースづくりにはみんなの力が必要で、「ここ引っぱってー!」「はい、引っぱってー、引っぱってー!」と、リズムよく声をかけ合うこともこの遊びの楽しさです。でき上がると子ども達は、その日その日でゲームや動物、虫の世界を共有し、笑い声を響かせながら綱を渡り歩きます。片付けにおいてはパズルのようなおもしろさがあり、繰り返し遊ぶ中で、綱をどこからほどいたらよいかが分かるようになりました。これからも、みんなで力を合わせて遊びをつくる楽しさを感じてほしいと願っています。

ドングリ釣りに挑戦!(4歳児 ひまわり1組)

写真:ドングリ釣りで遊ぶ写真

散歩で集めたドングリを見て、子ども達から「ドングリ釣りをしたい」とアイデアが出てきました。ドングリにマグネットを付け、魚に見立て、それを釣る釣竿を作りました。最初はなかなか釣ることができず「どうしたら釣れるのかな?」と友達や教師に尋ねていましたが、友達が釣る様子を見て、釣竿の糸の長さを調節したり、ドングリの大きさや重さによって釣れるドングリがあることを知ったりすることができ、繰り返し楽しんでいました。

秋みつけで だいはっけん(4歳児 ひまわり2組)

写真:秋の自然物に触れて遊ぶ写真

近くの公園で落ち葉や木の実などの自然物を集めて楽しんでいます。子ども達は集めた自然物を幼稚園に持って帰ると、さっそく図鑑で名前を調べてみました。「この実イヌマキっていうんやよ」「これ、食べれるんやって!」と、新しく知ったことを嬉しそうに友達や教師に伝えています。また、木の実を使って色水ジュース作りにも挑戦しました。子ども達の気づきや発見を大切にしながら、たくさんの自然に触れて遊んでいきたいと思います。

お風呂ごっこ、楽しいね!(3歳児 ことり組)

写真:お風呂ごっこで遊んでいる写真

『もりのおふろ』の絵本が好きで、保育室やホールでお風呂ごっこを楽しんでいたことり組の子ども達。「公園でもお風呂で遊びたい!」という声が出たため、公園にもお風呂をつくりました。子ども達はお風呂にたくさん落ち葉を入れ、「シャワーを、ジャー!」と投げたり、「お風呂に、ザブーン!」と入ったり、「ごしごししゅっしゅ」と体を洗ったりして、『もりのおふろ』の絵本のイメージで楽しんでいました。

まてまてー!!(2歳児 いちご組)

写真:馬場グラウンドで遊ぶ写真

いちご組さんの大好きな馬場グラウンドでは、友達や保育者と一緒に走ったり虫探しをしたり、綺麗な落ち葉を見つけたりしています。「バッタ見つけた!」「手繋いで走ろう!!」と可愛い声が響きわたっています。これからも自然や生き物に親しんだり、たくさん身体を動かしたりして、寒さに負けず元気いっぱい過ごしていきたいです。


次回の更新は、2月を予定しています。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部こども子育て課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9527 ファクス:076-274-9547
健康福祉部こども子育て課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。