東大寺領横江荘遺跡(とうだいじりょうよこえのしょういせき)

ページ番号1002398  更新日 2022年2月15日

印刷大きな文字で印刷

写真:東大寺領横江荘遺跡

横江荘は、手取川扇状地の北東端に位置し、奈良の東大寺によって平安時代初期頃に経営された初期荘園跡で、国内で最初に発見された荘園遺跡です。東大寺は、桓武天皇の皇女の土地であった横江の地の寄附を受け、加賀国で有数の穀倉地帯である横江荘を治めました。ここからは、米を集めた倉の跡が発見されています。

所在地
白山市横江町

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。