弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動

ページ番号1001797  更新日 2022年5月9日

印刷大きな文字で印刷

弾道ミサイル落下時の行動について

  • 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
  • ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが届いたら、直ちに次の行動をとってください。

屋外にいる場合

  • 近くの建物内(コンクリート造り等頑丈な建物が望ましいですが、頑丈な建物がなければ、それ以外の建物でも構いません)や地下街(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難して下さい。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠す地面に伏せ頭部を守って下さい。

屋内にいる場合

すぐに避難できるところに頑丈な建物や地下街があれば直ちにそちらに避難して下さい。それができなければ、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動して下さい。

防災行政無線などからの指示に従って、落ち着いて行動してください。

※更に詳しい情報については、下記の外部リンク及びリンク先のPDFデータを参照してください。

以下、上記ポータルサイトの該当ページにリンクしております。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

総務部危機管理課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9536 ファクス:076-274-9535
総務部危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。