本文へジャンプ
白山市  
   
 携帯サイト  白山市Facebook  Language   サイトマップ
現在位置: トップページ  >  の中の まちづくり・産業・交流  >  の中の 食育と地産地消  >  から 人日の節句と健恋う会

人日の節句と健恋う会

 
「トップページ」へリンク 「食育」にリンク 「白山市の味」へリンク 「地産地消」へリンク 「地産地消推奨店」へリンク 「農林水産物情報」へリンク 「直売所情報」へリンク
 

 
 

 
   
 健恋う会・人日 の節句

白山市食生活改善推進協議会
 

 
   平成31年1月6日(日曜日)白山市福祉ふれあいセンターで、

 白山市食生活改善推進協議会による「健恋う会・人日の節句」が

  開催されました。

  つい忘れがちな先人の知恵である「伝統食・行事食や旬な食材」を

 見直し、現代社会の食生活を見つめ直す機会になればと、「健恋う会・

 人日
節句」の行事を通して、昔の生活の知恵や古き良きものにも

 ふれていただきたく
掲載しましたので、是非ともご覧ください。 

   

  健恋う会の様子

主催者を代表して 塚原会長 のご挨拶。
今回の健恋う会は、開催20回目という節目の年となりました。
「七草がゆと食育」をテーマに講演された
石川県栄養士会 竹内恵子さん

七草がゆには、お正月のご馳走で疲れた胃を休めるという
役割もあります。
最後には、抹茶と圓八さんのあんころをいただきました。
 
 

 

 
 2 「人日の節句」のメニュー
 

  この日「おもてなし」されたお料理のメニューです。
  「季節の旬のもの」をお使いいただくことが一番大切です。
 
 
    七草粥 (1人分)   



材料 作り方
・春の七草
(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、
 ホトケノザ、スズナ、スズシロ) 

・お米

・水

・塩
適量




1/3カップ

お米の6倍

少々
① お米を洗ってざるに上げ、30分くらい置く。

② 七草を熱湯で手早くゆで、細かく刻む。

③ お米と水を鍋に入れて、火にかける。
   沸騰したら弱火にし、30分~1時間煮る。

④ 鍋に②の七草を加え、塩少々で味を調える。

    黒豆煮 (黒豆300gのレシピ)



  
材料 作り方
・黒豆

・水

・砂糖

・塩

・しょうゆ
300g

1300ml

230g

小さじ1/2

大さじ1
① 鍋に水、砂糖、塩、しょうゆを入れ、強火で煮る。(味付けは好みにより
   加減してください)沸騰したら火を止めて、約50~60℃まで冷まし、
    軽く水洗いした豆を加えます。

② 豆が空気に触れないようにラップなどで煮汁の表面を覆い、3~5時間ほど
   置いて豆に味を含ませる。

③ ラップを取り除き、煮汁は捨てずに落し蓋をして、アクを取りながら弱火~
    中火(豆が激しく踊らない程度に)煮ます。その間、豆が煮汁から
    出ないように差し水を行います。

④ 豆が芯まで柔らかく煮えたのを確認してから火を止めて冷まします。
    (豆は熱いので火傷に注意してください)その後、煮汁ごと密封容器に移し
      冷蔵庫で一日置くと味がなじんで色艶も良くなります。(豆が煮汁から
      出ないようにしましょう)

     紅白なます   (4人分)



 
   
材料 作り方
・大根

・人参

*酢

*塩

*砂糖

*みりん

・柚子の皮
300g

適量

大さじ1、2/3

小さじ1/3

大さじ2

小さじ2

少々
① 大根、人参はそれぞれ千切りにする。

② ①に塩をふり、全体にまぶす。しんなりしたらサッと洗って
   水気をよく絞る。

③ *の調味料をよく混ぜ合わせ、大根と人参をあえて5~6分置く。

④ 器に盛り、ゆずの皮の千切りをのせる。

            田作り   (4人分)


   
材料 作り方
・田作り

・みりん

・しょうゆ

・砂糖

・いりごま(白)
30g

大さじ3

大さじ2

大さじ2

適量
① 鍋にみりん、しょうゆを入れ砂糖をお好みで加えて甘辛い味に調え、
   火にかけ、箸でかき混ぜ、少し粘り気を感じたら火を止めておきます。

② 別鍋で田作りを入れ、弱火で充分に炒ります。少し焦げても良いので、
    カラカラになるまでよく炒っておきます。(ポキッと折れるほど)

③ ①の煮詰めた調味料に②の炒った田作りを加え、平均にからめます。

④ いりごまをふりかけ混ぜます。

            えびす    


   
材料 作り方
・棒寒天

・水

・砂糖

・しょうゆ

・卵

・塩

・生姜
1本

550cc

50g

大さじ1

1個

小さじ1/4

1かけ
① 棒寒天はよく洗ってから、水につけて柔らかくし、小さくちぎって水気を絞る。
   生姜はすりおろして、汁を絞っておく。

② 鍋に分量の水を入れ、①の寒天を入れてかき混ぜ、しばらくつけておく。

③ 鍋に火をかけ、沸騰してきたら弱火にして5分煮て溶かす。

④ 砂糖、塩、しょうゆで味付けして、溶きほぐしておいた卵を細く流しいれる。
    卵がやや固まったらしょうが汁を入れ、ひと混ぜして火から下ろす。

⑤ ④の鍋を水につけて粗熱をとり、流し箱に入れて冷やし固める。

⑥ 固まったら型から取り出し、好みの大きさや形に切る。

★棒寒天の代わりに、粉寒天4gを利用してもOK


 
 
 3 人日の節句
 
 1 人日の節句の歴史
    1月7日は「人日」の節句ともいわれています。「人日」とは「人の日」、中国は前漢の時代、
   1月7日に人を持って吉凶を占ったと言います。ここから、「人の日」には邪気を払うために、
   七草に入った粥を食べ、1年の無事を祝ったのだろうとも言われています。
    正月7日(昔は正月初子の日)の粥にも七草を入れる風習は平安時代に野から摘んできた
   若菜を粥に加えて祝った行事から一般に広く知られ、今日もなお親しまれています。
   加賀地方でも白山の清流に育まれ、大地に根を下ろし寒さにもめげずに育った七草の若菜
   粥は現在にも伝承されています。この習慣は年の初めに食してその年を元気に過ごそうと
   いうものです。
 

 2 七草の種類
    七草の種類は、昔は地方で違いがありましたが、いつしか統一され、鎌倉時代に「せり、
   なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」という和歌で歌われた
   7種類が全国に定着していきました。
    それぞれ名や形から縁起物とされ、尊ばれていました。       

種類 意味 効用
セリ 競りに勝つ 精神安定と食欲増進
ナズナ
(ペンペン草)
なでて汚れを除く 消化機能を整える
ゴギョウ
(ハハコ草)
仏体 咳止め
ハコベラ 繁栄が蔓延る 胃炎・胃弱や歯槽膿漏の予防
ホトケノザ
(タピラコ)
仏の安座 打撲・筋肉や骨の痛みに効く
スズナ(カブ) 神を呼ぶ鈴 胃を丈夫にし消化を助ける
スズシロ 汚れのない清白を表す
                        
                                      (「人日の節句と健恋う会」の資料より)

 

主催 :  白山市食生活改善推進協議会

 

 
      
      
 
   
このページは役に立ちましたか。