本文へジャンプ
白山市  
   
 携帯サイト  白山市Facebook  Language   サイトマップ
現在位置: トップページ  >  の中の まちづくり・産業・交流  >  の中の 食育と地産地消  >  から 1日おにぎりカフェ (石川県白山市)

1日おにぎりカフェ (石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク 「食育」にリンク 「白山市の味」へリンク 「地産地消」へリンク 「地産地消推奨店」へリンク 「農林水産物情報」へリンク 「直売所情報」へリンク
 

 

 
 
   
 
1日おにぎりカフェ


フォトギャラリー
 

 

「スナップ写真」で「1日おにぎりカフェ」の雰囲気をお楽しみください。
 


 
 
 

 

 

  平成22年1月16日(土曜日)に、明治・大正期の雰囲気を残す、松任ふるさと館で地元産の特別
 栽培米や野菜などを使って、おにぎり、惣菜、そしてお味噌汁を味わう「1日おにぎりカフェ」を開催
 しました。

  お腹を満たしてくれるだけではなく、人と人の心を結んでくれる、日本人の原点である「おにぎり」
 を見直し、食談義の中から現代の食生活について一緒に考えてみる機会として、また米の本来の
 おいしさを知ってもらうために開催したもので、おにぎりは、白山市産特別栽培米でJA松任「千代の
 里」とJA白山「新ブランド米」で炊いたお米をひとつひとつスタッフが心を込めて握ったものです。

  また、惣菜や味噌汁は、白山市松任地域のねぎ、かぶ、人参、なんば、吉野谷地域のなめこ、
 白峰地域の堅豆腐、鶴来地域の味噌、醤油、酢などで和惣菜「かぶの甘酢漬け」「れんこんのきん
 ぴら」「ひじきの煮物」の三品と「木滑なめこと白峰堅豆腐の味噌汁」で200食分を白山市食生活
 改善推進協議会の皆さんが精魂込めてつくったものです。

  会場では、今回使用した食材や白山市の農産物のパネルの展示、北陸農政局と農協の協力に
 よる食育、地産地消や米に関してのパネル展示やリーフレットの配布なども行いました。
  
  参加者には、能登や県外からの来場者もあり、「米のもちもち感がたまらなく美味しかった」や
 「惣菜を食べて昔の時代を思い返して胸が熱くなった」など、食べてみて満足したとの声がとても
 多くあり、中には、隣接する
千代女の里俳句館を訪れた後、おにぎりカフェに来場された方もあり、
 雪で覆われた庭園を眺めながら、ゆったりと食を楽しみ、箸を持つ手をペンにかえて句を読む人が
 いるなど、静かに時間の流れを感じている様子でした。

  ◆ 当日のお品がき(Word 36KB)  

  ◆ 和総菜のレシピ
  
かぶの甘酢漬け(Word 812KB) れんこんきんぴら(Word 802KB) ひじきの煮物(Word 717KB)

 

 

にぎりカフェに来場していただいた方々とスタッフの様子です。

参加者から多くのご感想をいただきました。(Word 34KB)

 
 
「おにぎりカフェにようこそ!」
 
多くの参加者で賑わいました。
 
親子連れの方も沢山訪れました。
 
庭園をみながら食事を楽しむ方も‥
展示物に見入る参加者たち‥ 「お米だ〜」 触った感触はどうかな?
 
一人一人に笑顔で手渡しました。
 
スタッフとして食生活改善推進協議会の
皆さんはフル回転!おにぎりを握る様子
 
「もう開店よ!」緊迫した声が響く。
テキパキと惣菜を詰めるスタッフ。
 


主催 : 白山市  主管 : 白山市食生活改善推進協議会
後援 : 農林水産省北陸農政局  協力 : JA松任、JA白山


      
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

このページは役に立ちましたか。