本文へジャンプ
白山市  
   
 携帯サイト  白山市Facebook  Language   サイトマップ
現在位置: トップページ  >  の中の まちづくり・産業・交流  >  の中の 食育と地産地消  >  から ご存じですか?手取川の春の風物詩「スベリ漁」

ご存じですか?手取川の春の風物詩「スベリ漁」

お問い合わせ
部署名: 地産地消課 電話番号: 076-274-9522 FAX番号: 076-274-4177 E-mail: chisanchisyou@city.hakusan.lg.jp
 
 
「トップページ」へリンク 「食育」にリンク 「白山市の味」へリンク 「地産地消」へリンク 「地産地消推奨店」へリンク 「農林水産物情報」へリンク 「直売所情報」へリンク
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 手取川 春の風物詩「スベリ(イサザ)漁」を紹介します
 
 
 
 
 
 
 令和2年4月7日、美川地域の手取川河口で行われているシロウオ(イサザ)を捕る「スベリ漁」を見学させていただきました。
 毎年、4月1日の解禁日から5月末までの間、手取川イサザ会(北村外志明 会長)の会員約20名が伝統の漁法で漁を行っています。昨年は不漁でほとんど水揚げがありませんでしたが、今年は解禁日の4月1日から好調で、多い日には1升以上もの水揚げがあるそうです。
 
 
 
 
 
 
 
●「スベリ」とは?
美川地域の地方名でシロウオのことを「スベリ」と呼びます。このほかにも、地域によってさまざまな呼び方で親しまれているようですが、姿も呼び方も似ているシラウオやシラスとは違う種類の魚です。
 
 
 
 
 
 
●「スベリ漁」とは?
会員さんたちは、現在も昔ながらの伝統的な方法で漁を行っています。
竹製の四つ手網を水面に沈めて、スベリがかかるのを待ち、10分~15分ほど経ったら引きあげ、かかったスベリを網ですくいあげます。水温が高く、風が穏やかで水が澄んでいる天気の良い日が漁の好条件だそうです。スベリ漁の風景は、手取川の春の風物詩となっています。

●「スベリのおいしい食べ方」は?
生きたまま三杯酢等に付けて食す「躍り食い」のほか、塩ゆでやかき揚げ、すまし汁など様々に楽しめます。5月中旬の「おかえり祭り」ではおもてなし料理の一品としても振る舞われています。
市場に出回ることはほとんどありませんが、地産地消推奨店の
沢のや
さんに卸しており、「踊り食い」など提供していただけるそうなので気になる方はお問合せをしてみてください。
 
 
 
 
 
 

▽ スベリ漁に関するお問い合わせ先 ▽

   手取川イサザ会 副会長 桶  渡 (美川末広町)  電話 090-8269-3207
 
 
  
 
 

 
 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 
 

 
 

 
 
 
このページは役に立ちましたか。