本文へジャンプ
白山市  
   
 携帯サイト  白山市Facebook  Language   サイトマップ
現在位置: トップページ  >  の中の まちづくり・産業・交流  >  の中の 食育と地産地消  >  から 「白山丸いも」の出荷が行われています

「白山丸いも」の出荷が行われています

 
「トップページ」へリンク 「食育」にリンク 「白山市の味」へリンク 「地産地消」へリンク 「地産地消推奨店」へリンク 「農林水産物情報」へリンク 「直売所情報」へリンク
 

 
 
 JA白山では、市の農林水産物ブランド「白山丸いも」の出荷作業が行われています。

 「白山丸いも」は、他の丸いもと比べて強い粘りに特徴があり、同JA管内では鶴来・河内・鳥越地域で生産されています。品質に定評があり、県内を中心に京都や大阪にも出荷され、近年は東京からも注文が来ています。

 同JA丸いも部会長の中村弘仁さんによると、今年の出来は例年通り良いとのこと。「出荷量はここ数年増えてきているが、数量がまだまだ少ない。もっと増やしたい」と生産振興へ強い意気込み。

 14名の生産者が丹精込めて作った「白山丸いも」は、今年の出荷量として56トンを見込んでおり、出荷は12月いっぱいまで続きます。 

 
  
 出荷作業の様子です (平成271127日撮影)

 
 
たくさんの丸いもが集荷場に集められ、これから1日がかりで出荷作業が行われます。 回転式の大きな円台に丸いもを載せ、規格を確認します。
 
 
丸いもは予め生産者が規格ごとに選別していますが、ここでは別の人が再度規格を確認。厳しい検査を経て出荷されます。 箱に詰められた丸いもは、鮮度を保つためおがくずをかけて出荷されます。
 
 
一目でそれとわかる丸いもの箱です。 「一度食べたら二度食べたい」(中村さん)白山丸いもを、皆さまもご賞味ください。
 
   
 
●白山丸いも
 
■主な生産地域 鶴来、河内、鳥越地域
■出荷時期 11月~12
■主な栄養成分 アミラーゼ、消化酵素、たんぱく質
■効能 滋養強壮、食欲増進、胃炎鎮静、疲労回復
■保存方法 秋に収穫された「白山丸いも」は、春先まで保存できます。3月以降は発芽し品質が下がるので、冷蔵庫で貯蔵してください。保存する場合は、空気孔を2、3ヶ所開けたビニール袋におがくずとともに入れて、適度な湿気を与えて下さい。
■レシピ  白山丸いもレシピ(PDF 676KB) JA白山提供
お問い合わせ・ご注文はJA白山【電話(076)273-5277】まで
 

    
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
                                         
このページは役に立ちましたか。